アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年03月09日

No.132名田島「郷土に残る作品多数 彫刻家“馨雲先生”」

No.132名田島「郷土に残る作品多数 彫刻家“馨雲先生”」
▲章巌憲成大和尚像

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 東開作に生まれた彫刻家・田中馨雲。名田島地域のお寺や近隣の家々などに残る氏の作品は、100点以上にのぼる。

 東開作で生まれた彫刻家・田中馨雲(1889~1986)は、日本近代彫刻の祖といわれる高村光雲に師事。帝国美術院展覧会で1926(大正15)年以降たびたび入選を果たし、戦後は郷里に戻って創作を続けた。
 100点以上の作品が地域に残り、檀家だった大道寺では、明治のころ寺の存続に奔走した章巌憲成大和尚の像や本堂入口中央を見つめる清浄観音、唐獅子牡丹模様の本堂欄間を見ることができる。
 顕彰事業として2014(平成26)年、名田島自治会連合会による「田中馨雲先生作品図録」が発刊。翌年には作品展も開催された。


同じカテゴリー(やまぐち深発見紀行)の記事画像
No.152 仁保「『夢の椀プール』8月31日まで開放中」
No.151「国指定天然記念物『平川の大スギ』」
No.150宮野 「故郷に眠る『宮野の宰相』寺内正毅」
No.149湯田「赤妻・土井地区の村社『生目八幡宮』」
No.148吉敷「住民の手で四季折々の風景 吉敷畑」
No.146 秋穂二島「7月7日供用開始 美濃ヶ浜海浜広場」
同じカテゴリー(やまぐち深発見紀行)の記事
 No.152 仁保「『夢の椀プール』8月31日まで開放中」 (2019-07-27 00:00)
 No.151「国指定天然記念物『平川の大スギ』」 (2019-07-20 00:00)
 No.150宮野 「故郷に眠る『宮野の宰相』寺内正毅」 (2019-07-13 00:00)
 No.149湯田「赤妻・土井地区の村社『生目八幡宮』」 (2019-07-06 00:00)
 No.148吉敷「住民の手で四季折々の風景 吉敷畑」 (2019-06-29 00:00)
 No.147秋穂「秋穂の製塩業と『日地石風呂』」 (2019-06-22 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。