アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年03月29日

稜線

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 堺屋太一さんが1997(平成9)年6月から約1年間にわたり朝日新聞に連載、後に書籍化された近未来小説「平成三十年」が、2月の同氏死去によって、再び脚光を浴びている。わたしも、2002(平成14)年出版の単行本を、書棚から出してみた。
 あとがきに「日本では、少子高齢化、地方の過疎化、知価社会化が確実に進む」「首都機能の移転をしていなければ、中山間地は凄まじい衰退に陥っているだろう。東京で営まれる官僚機構は、現在も将来も、東京一極集中の仕組みを保つだろう」とあり、まさに今を言い当てている。
 堺屋さんは、「何もしなかった、あって欲しくない日本」を描いたのだという。「真の改革に必要なのは、倫理と美意識の変更」との金言もあった。(K)


同じカテゴリー(稜線)の記事
 稜線 (2019-06-28 00:00)
 稜線 (2019-06-21 00:00)
 稜線 (2019-06-14 00:00)
 稜線 (2019-06-07 00:00)
 稜線 (2019-05-31 00:00)
 稜線 (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)稜線
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。