アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年04月05日

コアカレッジの高林さんがキャラクターをデザイン あす、新装「せめんだる」発売

コアカレッジの高林さんがキャラクターをデザイン あす、新装「せめんだる」発売

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 山口コアカレッジ(富田原町2)3年の高林春香さんが、山陽小野田市を代表する銘菓「せめんだる」のイメージキャラクターをデザイン。そのキャラクターが使われる新パッケージ版が、あす4月6日に発売される。
 つねまつ菓子舗(恒松和也社長)が製造・販売する和菓子「せめんだる」は、1925年の発売。当初は人形焼きの生地と手法で製造されていたが、52年以降はセメント樽を模したデザインのもなかになった。
 1日当たり、1千個から2千個が販売されているが、購入者の年齢層が比較的高めなのが課題だった。若年層への訴求力を高めたいと考えた恒松社長は2018年5月、西京銀行日の出支店(同市)に相談。同支店は、同社と同校とを7月に橋渡しし、イメージキャラクターを作ることに決まった。
 同年10月から12月にかけて、ITエキスパート科の学生15人が商品研究をし、デザイン。最終的に「たるの形がわかりやすく、かわいかった」(恒松社長)と評価された高林さんのデザインが選ばれた。採用された高林さんは「食べた時に小豆がとても印象的で、どのように表現するか悩んだ。自分のデザインが、さまざまな人の手に渡るのは初めてでもあり、嬉しい」と感想を述べる。また、「ずっと残さなければならない商品のお役に立ててうれしい」と、三好伸康支店長。
 せめんだるは、JR新山口駅や山口宇部空港でも購入可能だが、新パッケージ版は当面、直営の駅前店(同市日の出、TEL0836-83-3671)と「お菓子司 伝助」(同市西高泊、TEL0836-83-9060)でのみ、1個(税込141円)から購入できる。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。