アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年05月22日

明治維新鴻業発祥の地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年○(176)

明治維新鴻業発祥の地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年○(176)
▲寛永寺にある上野戦争碑記(東京都台東区)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

(5月15日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

軋轢

 当時の軍議の様子を、長州藩の寺島秋介は、こう語っている。
 「今度はいよいよ、上野追討の御軍議ということになった。今日では立派な人であるが、その時は勝(海舟)などと終始往復しておった人で、その人と大村が非常な喧嘩をやったのだ。その反対者のいうには、『かくのごとき僅かな官軍をもって、江戸で兵を挙げるということは、実に無謀な話である。既に床の下まで、火が廻っているようなものであるから、もしも殿下(有栖川宮熾仁親王)が御身の上に一朝何事か危害のことが迫ったなれば、再度、京都へお帰りになることもできぬようになる』といって嚇かす。そうすると、大村先生がいうに、『いや、決してそのようなご心配はない。これで充分戦のできぬことはない。益次郎、御受け合い申します』その反対した人を指して、『彼どもは戦をすることは知りませぬ』というものだから、さあ、その先生、憤り出して『戦を知らぬなどということは何事か、益次郎、言語道断な奴じゃ』というようなことで-」
 この時、益次郎に反発していたのが、薩摩藩の海江田信義であった。
(続く。次回は5
月29日付に掲載します)


同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎
同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎 (2019-07-24 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年 (2019-07-17 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎 (2019-07-03 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎 (2019-06-26 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎 (2019-06-19 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎 (2019-06-12 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。