アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年06月15日

No.3 六月の雨 詩集『在りし日の歌』より

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)


またひとしきり 午前の雨が
菖蒲のいろの みどりいろ
眼うるめる 面長き女
たちあらはれて 消えてゆく

たちあらはれて 消えゆけば
うれひに沈み しとしとと
畠の上に 落ちてゐる
はてしもしれず 落ちてゐる

お太鼓叩いて 笛吹いて
あどけない子が 日曜日
畳の上で 遊びます

お太鼓叩いて 笛吹いて
遊んでゐれば 雨が降る
櫺子の外に 雨が降る


【ひとことコラム】櫺子とは窓や戸にはめ込まれた格子のこと。同じ風景でも格子を通して見ると少し違って見えるのが不思議です。降り続く雨は半透明の格子のようなもの。雨の情景に浮かんで消える女性は詩人の心の中の存在でもあり、消えることない思いのように雨音が響き続けています。
中原中也記念館館長 中原 豊


同じカテゴリー(中原中也詩の栞)の記事
 No.4 「梅雨と弟 「少女の友」昭和12年8月号」 (2019-07-20 00:00)
 No.2 村の時計 詩集『在りし日の歌』より (2019-05-18 00:00)
 No.01 春宵感懐 詩集『在りし日の歌』より (2019-04-20 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。