アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年06月15日

6月23日 「峠三吉『原爆詩集』抄」を上演 第6回女流芸術家発表交流会

6月23日 「峠三吉『原爆詩集』抄」を上演 第6回女流芸術家発表交流会
▲峠 三吉

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 文化芸術団体のネットワークづくりや、優れた古今の作品に光を当てることなどによって「市民の郷土への誇りを高めよう」と活動する「明日を紡ぐ大地の会」(福島光子代表、TEL083-921-2476)は、6月23日(日)午後1時半から「第6回女流芸術家発表交流会」を、ニューメディアプラザ山口(山口市熊野町1)で開催する。
 主催の明日を紡ぐ大地の会は、朗読劇「峠三吉『原爆詩集』抄」を上演する。峠三吉は1945年8月6日の朝、爆心地から3キロほど離れた宇品の自宅で、広島市の中心部に向かって外出する直前に被爆。その後に体験・見聞した生々しい実相を、克明に日記に記録していった。そして終戦から5年もたたないうちに発生した朝鮮戦争で3発目の原爆が落とされるかもしれないとの危機が迫る中、1951年に「原爆詩集」を発行した。「ちちをかえせ ははをかえせ」で始まる「序」で知られるこの詩集を、広島市立中央図書館は「峠三吉の戦争や原爆に対する激しい抗議と平和への決意が凝縮され詩作品としての到達点まで高められていると評価されている」と説明している。劇では、彼の詩を通した原爆の恐ろしさを伝え、そのことが忘れられてしまっている現状に警鐘を鳴らす。
 そのほかには、シンガーソングライターの松浦香織さんと、日本舞踊「花柳流むつみ会」が出演する。入場料は、一般1千円、大学生500円、高校生以下無料。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。