アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年06月19日

保育園すこやか・なかよし 「園歌ができたよ」

保育園すこやか・なかよし 「園歌ができたよ」
▲6月1日のお披露目会の様子

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 認可保育園「大内すこやか保育園」「大内なかよしこども園」(社会福祉法人光善会)が、詞・工藤直子、曲・新沢としひこによる保育園歌「なかよしみんなすこやかに」を、このほど作成した。
 2006年に開設された同園。野瀬橘子理事長の「心を一つにまとめる象徴的なものがあれば」という思いが、園歌という形で具体化した。6月1日には、園児約100人による保護者らへのお披露目会も、山口県教育会館で開かれた。
 作詞の工藤直子は、詩集「のはらうた」の作者で、「ふきのとう」などが小学校の国語の教科書に採用されている。作曲の新沢としひこは、童謡「にじ」をはじめ幼稚園や保育園の定番ソングを数多く手がける。旋律は同じで歌詞の一部に園名とクラス名が入っている歌が、両園に1曲ずつ提供された。
 6月1日のお披露目会では、新沢と歌手の山野さと子が出演するコンサートも同時に開催され、ゲストとして招かれた工藤さんと、園歌を掲げる額を製作した版画作家の保手浜孝さんが、園児たちのかわいらしい歌声に耳を傾けた。また、園児全員に、それぞれの名前と一緒に2人のサインが書かれた絵本「版画のはらうた」が贈られた。
 「近年は心の教育が大切。絆やふれあいを大切にする良い機会になった」と野瀬理事長。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。