アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年07月20日

No.4 「梅雨と弟 「少女の友」昭和12年8月号」

毎日々々雨が降ります
去年の今頃梅の実を持つて遊んだ弟は
去年の秋に亡くなつて
今年の梅雨にはゐませんのです

お母さまが おつしやいました
また今年も梅酒をこさはうね
そしたらまた来年の夏も飲物があるからね
あたしはお答へしませんでした
弟のことを思ひ出してゐましたので

去年梅酒をこしらふ時には
あたしがお手伝ひしてゐますと
弟が来て梅を放つたり随分と邪魔をしました

あたしはにらんでやりましたが
あんなことをしなければよかつたと
今ではそれを悔んでをります……

【ひとことコラム】毎年梅酒を作って翌年に備える、日常とはそんな営みの繰り返しです。すでに日常に戻ったように見える母に対して、姉は昨年秋で時間が止まってしまった弟を思い続けます。少女雑誌に掲載された詩ですが、二人の弟と愛児に先立たれた中也の実体験が濃い影を落としています。
中原中也記念館館長 中原 豊


同じカテゴリー(中原中也詩の栞)の記事
 No.3 六月の雨 詩集『在りし日の歌』より (2019-06-15 00:00)
 No.2 村の時計 詩集『在りし日の歌』より (2019-05-18 00:00)
 No.01 春宵感懐 詩集『在りし日の歌』より (2019-04-20 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。