アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人

店長情報 トップページ
店長情報

2005年12月21日

阿知須 セキレイ、スズメ… 野鳥が肉屋さん通い!

阿知須 セキレイ、スズメ… 野鳥が肉屋さん通い!

 阿知須東区の池本精肉店に先月から、かわいらしい“お客”が毎日足しげく通っている。
 この珍客とは、野生のセキレイ、スズメ、シジュウカラ。日中、店先に飛んできては店主の池本保さん(62)と妻の文子さん(59)にエサを催促。牛ミンチを地面に置いてやると、うれしそうにつつき始める。入れ替わり立ち替わり、数羽の鳥が日に何度もやってくるという。
 最初に鳥が来始めたのは今年1月。ある寒い日、店先で身を寄せ合うつがいのセキレイに、文子さんが肉片を与えたのが始まり。以来、このセキレイをはじめ、さまざまな野鳥が飛んで来るようになった。春には店のそばに巣をかけたスズメがひなをかえし、やっとのことで羽ばたい小さなひなが、店内に入り込むというハプニングも。どの鳥も手乗りにできそうなくらい池本さん夫妻に懐いていたのだが、夏からぱったりと姿を見せなくなっていた。
 「もう来ないのだ」とあきらめていたところ、先月初旬に1羽のスズメがひょっこりと姿を現した。以前通っていた鳥かどうかは分からないが、その日から毎日エサを求めて来るようになり、セキレイやシジュウカラも仲間に加わった。「また来るようになって、何だかホッとしました。かわいくて仕方ないですよ」と池本さん夫妻。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。