アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

店長情報 トップページ
店長情報

2008年07月06日

附属山口中3年生156人が提言 市の観光業を活性化するには?

附属山口中3年生156人が提言 市の観光業を活性化するには?

 11月、3年間の研究成果を発表
 総合的な学習の時間を利用し、3年計画で「山口市の観光業をさらに活性化するためには」というテーマに取り組んでいる附属山口中学校の3年生156人は先月末、修学旅行で日本を代表する観光立県「沖縄」を訪問。現地での研修を通して、それぞれが11月1日(土)にニューメディアプラザ山口で開催する3年間の集大成となるイベント「Dear 山口 愛にきてっちゃ! ええ町山口」に向け、大きなヒントを得たようだ。

 「ふるさとを愛し、ふるさとに誇りを持ち、自分が貢献できることは何かを真剣に考える生徒、そして自分のふるさとの良さを人前で熱く語ることができる心豊かな人になってもらいたい」(網本徳文教諭)と、同校3年生は1年の時から総合的な学習の時間を利用して、“山口市の観光業活性化”という課題に真剣に取り組んでいる。
 最初の年は、レポートの書き方やプレゼンテーションの仕方、統計資料の分析や活用方法など、提案を表現するための手段や手法を学習。そして昨年は、山口市だけでなく、他地域からも学ぼうと萩や岩国、周南市の観光課の職員を講師に招き、各地の観光業の現状についての知識を深めた。また、体験学習として、鹿野が主催する「冬の花火大会」に企画段階から参加するなど、祭りの運営にも携わった。 
 最終目標として、これまでの研究成果を形にして広く市民に発表しようと、08年11月1日に集大成となるイベントを企画。本番に向けて実行委員会を立ち上げ、広報関係や特産品開発など16のグループに分かれて準備を進めている。市の観光課をはじめ、JTB山口支店、近畿日本ツーリスト、いちやなぎ、グリンパークといった地元企業にも協力を依頼。当日は、午前10時から午後3時まで、各グループが研究の成果を発表する。
 現在、試作を重ねている山口市の特産品を使ったオリジナル弁当やご当地ラーメン、お土産の販売をはじめ、中学生の目線で作ったガイドブックやポスター、CMも披露。また、47都道府県から自慢のポスターを送ってもらい、全国各地のポスター展も開催する。同班の班長・大野泰徳くん(14)は「この授業を通して、山口のことを今まで以上に知ることができた。残り4カ月あるので、山口の魅力を最大限にアピールできるポスターを作りたい」と張り切っている。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。