アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

店長情報 トップページ
店長情報

2013年05月24日

昨年の観光客数 市内は微減の428万人

昨年の観光客数 市内は微減の428万人

 県がまとめた観光客動態調査によると、12(平24)年に山口市内を訪れた観光客は428万3248人で、前年に比べ842人減と、ほぼ横ばいだった。
 調査した市内19カ所のうち、前年より増加したのは4カ所。昨春のリニューアルオープンに加え、夏の企画展が好調だった県立博物館・県立美術館などは22万3559人で、前年比27・9%の大幅増。また、香山公園・洞春寺も同3・4%増の66万6845人だった。
 一方、前年より減少した15カ所のうち、湯田温泉は85万7654人(前年度比3・3%減)。亀山公園・サビエル記念聖堂16万589人(同3・4%減)、YCAM21万9145人(同8・9%減)、SLやまぐち号4万9863人(同7・6%減)などとなっている。
 また、道の駅「あいお」(同7・3%減)、きららスポーツ交流公園(同0・6%減)、徳佐りんご園(同4・7%減)など、市郊外も軒並み減少した。
 なお、県内全域の観光客数は2820万7074人(同4・4%増)で、過去最高を更新。前年の「おいでませ山口国体・大会」の反動減が予想される中、3~8月に実施された全国規模の観光キャンペーン効果があったとみられる。温泉施設が開業した上関町や岩国錦帯橋空港が開港した岩国市など15市町で前年を上回った。宿泊客数は、同3・5%増の341万6300人。中国・九州地方からの来県が、それぞれ2割程度を占めている。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。