アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2015年09月05日

命日の9月1日に 井上馨侯没後100周年祭など

命日の9月1日に 井上馨侯没後100周年祭など
▲左:井上光順さん 右:「偲ぶ会」には約50人が出席

 今年は、湯田出身の幕末の志士で長州ファイブの1人、明治期には政財界で活躍した井上馨の没後100年の節目の年。命日の9月1日午前10時から、生家のあった井上公園(湯田温泉2)で「井上馨侯没後100周年記念祭」が催された。主催は、山口商工会議所の明治維新150年記念事業実行委員会で、約40人が出席した。
 最初に、河野康志同実行委員長が、井上馨のプロフィル・功績を紹介するとともに「地元に対しても恩義を忘れぬ情厚き人で、(名付け親である)菜香亭、(山口銀行の前身である)大百十国立銀行の設立と救済、毛利邸(毛利氏庭園・毛利博物館)建築など、多大な遺産を残してくれた。没後100年、そして戦後70年という節目にあらためて、今後もその偉業を語り継ぎたいと思う」と主催者あいさつ。
 続いて、井上馨の玄孫になる井上光順さん(66)=東京都=が「御当家あいさつ」。記念祭開催への感謝と、8月28日に東京・六本木の菩提寺「長谷寺」であった百回忌法要について報告。さらに「今後も、井上馨を正しく世に伝えていき、守っていきたい」と話した。
 さらに、藤部秀則県副知事(村岡嗣政知事代理)と渡辺純忠市長による来賓あいさつがあり、出席者全員が井上馨像に献花。記念植樹として、像の横に1本の桜が植えられた。
 また、午後4時からは、井上馨の分墓のある洞春寺(水の上町5)で「井上馨侯100回忌」法要があり、6時からは縁のある市菜香亭で「偲ぶ会」が催され、約50人が参加した。
 「偲ぶ会」では、光順さんは「山口の人たちは本当に温かい。このご縁を大事にし、『正しい』井上馨を少しずつ広めていければ」、毛利家当主・毛利元敦さんは「今後も井上家の伝統が残るよう、地元ががんばろう」とあいさつした。会は、井上馨のパネル写真が見守る中、郷土史家・松前了嗣さんの司会で進行。田邉恒美県立博物館長、福田百合子中原中也記念館名誉館長、末冨喜昭山口日産会長らが井上馨や鮎川義助についてテーブルスピーチで話し、三味線奏者・一燈さんが井上馨と所郁太郎に思いを寄せた2曲を演奏した。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。