アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年01月27日

31日 松前了嗣さんら登壇 楽しく 幕末トークリレー

31日 松前了嗣さんら登壇 楽しく 幕末トークリレー
▲昨年の様子

 本紙水曜発行紙面に、「明治維新鴻業発祥の地、山口」の共通テーマで、2013(平成25)年に「七卿落ち」、2014(平成26)年に「井上馨」、2015(平成27)年に「高杉晋作」、今年は「大村益次郎」を連載している松前了嗣さん。彼が理事長を務める特定NPO法人防長史楽会による「トークリレー」が、31日(日)午後2時から4時まで、山口県政資料館(山口市滝町)で開かれる。聴講料は200円(資料代)。
 会員3人が、リレー方式で登壇し、幕末にまつわるミニ講演をする。演題および登壇者(会によるプロフィル)は、①「幕末長州 激動の5年間」窪田耕二(志士闊歩三田尻の語り部)②「幕末日本、海の夜明け」内田由美子(海軍大好きなローカルライター)③「大村益次郎~村医者から兵学者へ」松前了嗣(大活躍中の防長の語り部)。防府日報元社長の窪田さんは、「山頭火ふるさと会」の会長も務めている。
 「歴史を愛好し、歴史に学ぶことを基本精神とします。山口県の歴史を末永く世に伝えるための様々な活動を行うことによって、郷土の文化振興及び地域振興に寄与することを目的としています」という同会。昨年2月に開催した第1回トークリレーには、約140人が集まった。
 松前理事長は「歴史を楽しく学べる講演会です。どうぞお気軽にお越しください」と呼び掛けている。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。