アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年02月19日

~3月27日 25年にわたる発掘調査の成果 特別展「中世の山口を掘る」

~3月27日 25年にわたる発掘調査の成果 特別展「中世の山口を掘る」
▲左:発掘調査の様子 右:43次調査礎石建物

 今をさかのぼること約500年、西国一の大名・大内氏によって「西の京」としての町づくりが進められた山口は、戦乱で荒廃した京都を尻目に栄華を極めた。山口市教育委員会は、この「中世都市・山口」を解明しようと、1990(平成2)年に大内氏館跡・築山館跡周辺(大殿大路)を「大内氏関連町並遺跡」として「周知の埋蔵文化財包蔵地」に登録。これまで25年間にわたり、発掘調査を続けてきた。実施した調査の回数は100を超え、その様子も徐々に明らかになっている。
 そこで、これまでの調査成果の解説と、出土した土器や陶磁器約220点が紹介される「大内氏関連町並遺跡発掘25周年記念特別展 中世の山口を掘る」が、山口市歴史民俗資料館(山口市春日町5、TEL083-924-7001)で開かれている。会期は3月27日(日)まで。入館料は大人100円、小・中生50円(70歳以上と障がいのある人は無料)で、月曜休館。3月5日(土)午前11時から正午には、展示解説もある。
 また、21日(日)午後1時半から3時半まで、「中世の山口と防長の都市」と題された講演会が、同館学習室である。講師を務めるのは、京大大学院の山村亜希准教授。定員は50人で、聴講希望者は直接会場へ。歴史地理学が専門の山村さんは、「地域空間論」分野の指導者。地域の構造や形成・変容過程を、空間情報解析も用いて研究している。著書に「中世都市の空間構造」(吉川弘文館)がある。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。