アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年04月30日

5月1日 山口大神宮で「春祭」 伊勢神宮より下附 「撤下御装束神宝」初公開

5月1日 山口大神宮で「春祭」 伊勢神宮より下附 「撤下御装束神宝」初公開
▲昨年の「春祭」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 2020(平成32)年に御鎮座500年を迎える山口大神宮(山口市滝町4)で、5月1日(日)午前11時から午後2時半ごろまで「春祭」が開かれる。
 神賑わいとして、筝曲や大正琴の演奏、舞踊、マジック、南京玉すだれの披露などが、通夜堂前である。さらに境内では、やきいもの販売や、もち配り(神賑わい終了後)もされる。
 そして今回は、今年2月23日に伊勢神宮より下附された撤下御装束神宝が、初めて一般公開される。午前9時から午後4時ごろまで社務所で。披露されるのは、革御靭(腰や背で使用する筒状の矢入れ)、御櫛筥(櫛を入れる箱)の2点。加えて、1960(昭和35)年に同神宮へ初めて下附され、通常は宝物殿で大切に保管されている梓御弓(全長が約180センチあるため、展示スペースの都合で公開されない場合もある)、御櫛笥、御鏡、御靱、御太刀の5点も、合わせて見ることができる。この5点は、2000(平成12)年に山口市歴史民俗資料館で展示されて以来のお目見えとなる。
 同神宮には、社頭運営上最も重要な支えといわれる氏子が存在しない。そのため崇敬会を結成し、芳志を募っている。年会費は一口1千円で、十口以上は特別会員に。当日は祭典に先立ち、同会の総会が午前10時半から開かれる。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。