アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年05月20日

6月9日 はじめての能学(楽)時間 能のカタチ イン 山口

6月9日 はじめての能学(楽)時間 能のカタチ イン 山口
▲昨年の山口薪能「安達原」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 能について「難しい、敷居が高い、何を言っているのかわからない」などと耳にすることも多い。だが、事前に演目(物語)を調べ、あらすじや見どころを知り、シテが演じる人物の気持ちを理解すれば、舞台に入り込むことは簡単にできるのだ。
 6月9日(木)午後7時から9時まで、初心者向け講座「能のカタチ イン 山口」が開催される。主催はNPO法人再発見やまぐち(米本太郎代表)で、会場は洞春寺(山口市水の上町5)。
 まず最初に、結婚式で有名な「高砂」の舞囃子を鑑賞。次に、謡と楽器を体験し、装束についての説明を受ける。続いて、世界各地に伝わる羽衣伝説を元にした舞囃子「羽衣」を鑑賞。最後は「質問コーナー」で締めくくられる。能の決まり事や裏側を楽しく学べ、さらに舞台上から同目線で能を鑑賞できる貴重な機会だ。福岡県を拠点に全国で活動する能楽師・今村嘉太郎さんが講師を務め、さらに5人が出演する。
 入場チケットは2千円。山口観光コンベンション協会(JR山口駅2階)で平日に購入できる。また、米本代表(TEL090-6406-0245)への予約も可能。残席があれば、当日販売もされる。
 米本代表は「7月31日(日)に野田神社能楽堂で開催される『山口薪能』を、より楽しむための入門講座と思っていただければ」と、参加を呼び掛けている。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。