アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年07月15日

あす7月16日 「山口県の最も誇るべき国際人」 元ユネスコ事務局長 松浦晃一郎さんが講演

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 佐波郡島地村(現山口市徳地)出身で、「山口県の最も誇るべき国際人」とも評される、元ユネスコ事務局長の松浦晃一郎さんが帰山。あす7月16日午後1時から2時半まで、山口大大学会館(山口市吉田)で「国際化加速時代における国際人とは?」の演題で講演する。事前申し込み不要で、誰でも無料で聴講できる。
 松浦さんは、東大法学部在学中に外交官試験に合格。1959(昭和34)年に中退して外務省に入省した。1994(平成6)年に在仏日本大使、1998(平成10)年に世界遺産委員会議長などを歴任。1999(平成11)年にアジア人初のユネスコ事務局長(第8代)に就任し、2期・10年間務めた。その後は、日仏会館理事長、国際囲碁連盟会長、アフリカ協会会長などを務めている。また、中国人民大、モスクワ大など、50以上の大学の名誉博士号を取得。さらに、2012(平成24)年には瑞宝大綬章を受章し、世界各国から70以上の勲章や名誉市民権を授与されている。「ユネスコ事務局長奮闘記」(講談社)、「世界遺産」(同)、「国際人のすすめ」(静山社)など、著書も多数。
 当日は、世界遺産保護や外務省での経験をふまえ、「国際人」としての心構えを伝授してもらえる。企画協力したNPO法人日本ユーゴ・アートプロジェクトの秋川伸子代表は「旧ユーゴにある『ドリナの橋』は、松浦さんの尽力で世界遺産に認定。わたしがそこを訪問した時、日本人だとわかるとみな『コウイチロウ!』と呼び掛けてきた。世界で知られ、地元・山口ではあまり知られていない松浦さんを、ぜひ知ってほしい」と、聴講を呼び掛けている。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。