アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年07月20日

7月27日 「八重子のハミング」著者 陽信孝さん「これからをどう生きる?」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 今秋、山口県出身の佐々部清監督によって映画化される「八重子のハミング」。その原作本の著者である陽信孝さんによる講演会「これからをどう生きる?」が、7月27日(水)午後1時から2時半まで、KKR山口あさくら(山口市神田町2)で開かれる。聴講は無料だが、事前申し込みが必要。
 4度のがん手術から生還した夫は、歩調を合わせるように若年性アルツハイマーになった妻を、11年間にわたり介護した。「紙おむつ 上げ下げをする 度ごとに 妻は怒りで われをたたけり」「小尿を 流しし床を 拭くわれの 後ろで歌う 妻に涙す」「幼な子に かえりし妻の まなざしは 想いで連れて我にそそげり」…。次第に童女となっていく妻との毎日を、夫や家族は力強く歩んでいく。「八重子のハミング」は、彼が詠んだ短歌とともに綴る、4千日余りにも及ぶ老老介護の軌跡だ。
 陽さんは、元萩市教育長で、金谷天満宮の宮司。講演では、「人間のいのちと健康、尊厳を守る」ことの重要性や、困難をどう乗り越えていくのかなど、映画撮影の裏話も交えて語られる。
 申し込みは、主催の日本赤十字社山口県支部(TEL083-922-0102)へ電話で。締め切りは7月22日(金)。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。