アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年11月12日

11月19・20日 「大内塗に新たな息吹を!」 ロゴ制定への支援を呼びかけ 山口JC

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 山口を代表する工芸品の一つ「大内塗」。600年近くにわたり受け継がれてきた伝統工芸ではあるが、石川県の輪島塗など、似たような漆器は全国各地に存在する。独特な模様「大内菱」や、鮮やかな朱色「大内朱」を使うことが特徴とされてはいるが、全てに使用されているわけではなく、山口市在住の職人が塗れば、すべて大内塗になる。また、現在制作しているのは5事業者だが、後継者不足などの問題を抱え、技術継承も難しい状況となっている。
 そこで、その現状を打破しようと、(公社)山口青年会議所(JC、松浦聖寿理事長)は、大内塗漆器振興協同組合と大学生に呼び掛け、新たな取り組みをスタートさせた。すなわち、大内塗の公式ロゴ制定だ。
 今年9月から、山口芸術短期大学の学生が、組合へのヒアリングやリサーチを踏まえて制作に取り組んだ。完成した24の案は、11月19日(土)と20日(日)に山口ふるさと伝承総合センター(山口市下竪小路)で開かれる「大内人形まつり」で展示。来場者に投票してもらい、選ばれた1作品が、今後の共通ロゴとして使用される。デザイン案は、同JCのウェブサイト(http://yamaguchi-jc.com)でも公開されている。
 なお、この事業運営への協賛金が、クラウドファンディングウェブサイト「FAAVO」(https://faavo.jp/yamaguchi)上で募られている。目標金額は5万円で、当日会場に行けなくとも、寄付によってこの事業を支援できる。期限は18日(金)までで、5千円以上寄付すれば、共通ロゴ入り大内塗丸盆がプレゼントされる。
 問い合わせは、同JC(TEL083-922-7646)へ。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。