アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年01月13日

2月4・5日 名田島出身の日本画家 「森重雪島翁作品展」南総合センターで

2月4・5日 名田島出身の日本画家 「森重雪島翁作品展」南総合センターで
▲掛け軸「鬼図」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 2月4日(土)と5日(日)の午前9時半から、「森重雪島翁作品展」が南総合センター(山口市名田島、TEL083-972-8333)で開催。初日は午後4時、2日目は3時半まで。入場無料。
 名田島出身の森重雪島(せっとう)(1841-1915年)は、若い頃に戊辰戦争に従軍し、武勲をもらうなど活躍。だが、1870(明治3)年の反乱「脱退騒動」に加わり、木戸孝允によって鎮圧された。反乱軍兵士は84人が斬首されたが、雪島は見島に遠島、3年で許された。その後、「悲母観音像」で知られる長府の狩野芳崖に師事し、画業に専念。晩年は「雪叟(せっそう)」と号し、1915(大正4)年に75歳で生涯を閉じた。「蘭亭曲水図」「飲中八仙図」「子孫繁栄の図」等多くの作品を残したが、「絵を見る幼子を怖さで泣かせてしまう」と評される防府天満宮の巨大な絵馬「山姥授乳図」が代表作と言われている。弟子には鋳銭司出身の品川芳舟、秋穂二島出身の吉永雪峰などがおり、彼らが古希を祝って作った顕彰碑は、今も名田島に残る。
 作品展では、雪島による掛け軸やびょうぶなど20点と、芳舟ら関係者の作品16点が展示される。4日午前10時半からは、YCAMの足立明男館長による作品解説もされる。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。