アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年01月20日

山口市民限定プラン、3月末まで 歩行を支援「やまぐちロボサポートセンター」

山口市民限定プラン、3月末まで 歩行を支援「やまぐちロボサポートセンター」
▲ロボットスーツHAL

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 ロボットを活用することで、歩行に支障ある人の身体機能維持・向上を支援する歩行トレーニング施設「やまぐちロボサポートセンター」(山口市小郡黄金町2 YICスタジオ地下1階、TEL083-902-2220)は、山口市民限定の体験プランを提供している。
 山口銀行や山口キャピタルなど山口県内10社の出資により、昨年4月にロボサポート山口が設立された。同センターは、同社が11月29日に開設。装着する人の歩行をアシストするサイボーグ型ロボット「ロボットスーツHAL」や、「パワープレート」「ニューステップ」等のトレーニング機器、「インボディ」等の検査装置など、6種類・8台の機器を備えている。理学療法士も常駐し、個々の身体の状態に合わせた運動メニューを作成、「目標」に向けたトレーニングに取り組む。脊髄損傷や、脳卒中の後遺症にも対応する。
 体験プランは、「山口市生涯活躍のまち推進モデル事業」として提供。下肢や体幹機能に障害のある人、交通事故や病気の後遺症などで歩行が困難な人、筋力低下で歩行に不安を感じる人などで、身体機能の維持・向上を目指す人が対象。アンケートや利用効果調査への協力が条件で、通常1回(60分コース・10回回数券利用の場合)あたり1万3500円の利用料金が、2700円になる。先着30人で、期間は3月末日まで。
 「最先端ロボットを活用した歩行トレーニングを体験してみませんか」と山本喜代人代表。申し込み・問い合わせは同センターへ。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。