アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年02月03日

山口財務事務所の1月判断 変わらず「山口県内経済は緩やかに持ち直し」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 財務省山口財務事務所(TEL083-922-2190)は、1月の「山口県内の経済情勢」を、このほど発表した。総括判断は、一昨年4月以降変わらず「山口県内経済は、緩やかに持ち直している」で、その要点に「『個人消費』や『生産活動』は緩やかに持ち直しており、『雇用情勢』は着実に改善し、人手不足感が広がっている」ことを挙げた。また、2016(平成28)年度の「設備投資」は前年度を上回り、「企業収益」は減益となる見込みだ。
 先行きについては「雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策効果に支えられ、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、海外経済の不確実性やそれに伴う為替の動向などを注視していく必要がある」と、おおむね前回同様の見解を示した。
 調査対象企業からは「最近は、高齢者を中心に、身近にあるコンビニでおせち料理を購入する顧客が増えている。おせち料理の売り上げは、これまで前年を下回ったことがなく、好調に推移している」(コンビニ)、「安全志向の高まりから、安全運転支援システムやドライブレコーダーを購入する傾向が強くなっており、顧客単価の上昇に寄与している」(自動車販売店)、「ウイルス対策だけでなく、加湿や小顔効果のあるマスクがよく売れており、付加価値の高い商品に対する購買意欲が出てきている」(ドラッグストア)、「仁川(韓国)-山口宇部空港間の国際定期便就航によって、外国人宿泊客が増加しており、50人超の団体客を中心に予約状況も好調となっている」(旅館)、「アメリカ大統領選以降、円安基調となり、輸出環境が改善しているほか、中国における過剰生産解消に向けた取り組みが進み、輸出量が増加している」(鉄鋼)、「11月には関東地方、12月には西日本で積雪がある等、寒さが早めに到来した影響により、暖房向け需要が増加している」(石油製品)などの声が聞かれた。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。