アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年05月03日

5月5日は端午の節句 しきたりとともに、思い出に残る休日に

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 昔から端午の節句では、こいのぼりを立て、武者人形を飾り、ちまきやかしわもちを食べてお祝いしてきた。現在、5月5日は「こどもの日」で国民の祝日。古いしきたりとともに、子どもにとって思い出に残る休日にしたいものだ。

お祝いの仕方

 それぞれの家や地方によっても異なるが、五月人形・こいのぼりを飾る、ちまき・かしわもちをいただく、しょうぶ湯に入る、などがある。飾りは、一夜飾りは避け、1~2週間は飾るようにする。
 男の赤ちゃんが初めて迎える初節句では、親族総出でお祝いの膳を囲み、盛大に祝われることも多い。膳も特に決まりはないとされる。武者人形などの飾りを母方の実家から贈るというならわしがあるが、現在は両家で話し合って分担するケースも多くなっている。友人や親族としてお祝いに招かれた場合、節句にちなんだ人形やおもちゃ・お菓子、または現金などを贈るのが一般的。

こいのぼり

 滝を登り天を駆ける龍になるという伝説にちなみ、鯉をかたどって高く掲げて男子出生を祝い、将来の出世の夢をたくすもの。江戸時代の武家が掲げたことが始まりとされている。

かしわもち

 江戸時代中期・徳川九代将軍家重のころ、江戸で生まれたとされる。カシワの葉は、新芽が育つまで落ちないことから「子孫繁栄」につながると縁起をかついでいる。

しょうぶ湯

 しょうぶ湯は、血行促進、保湿、解毒、殺菌、疲労回復、腰痛、内臓強化、神経痛を和らげる等の効果が期待される。サトイモ科の葉ショウブを空の浴槽に入れてから42度程度のお湯を張り、香りを高めてから温度調節し、じっくりと入る。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。