アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年05月13日

ボランティア・文化活動が評価され 「柴田眼治」と小惑星に命名

ボランティア・文化活動が評価され 「柴田眼治」と小惑星に命名
▲証明書を手にする柴田さん

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 発見された直径約20キロの小惑星に、柴田病院の柴田眼治理事長・院長の名前が命名された。
 この小惑星は、1994(平成6)年11月24日に北海道美幌町にある「星ドロボウ津別観測所」で、16等級の明るさで発見された。観測者は、数多くの小惑星などを発見している円舘金さんと渡辺和郎さん。その後数多く追跡観測され、軌道も計算。正式な小惑星番号「20098」番がつけられた。この惑星の命名に、市出身で国際的にも有名な天体写真家の藤井旭さんらが「『Shibatagenji』にしては」と提案。発見者の2人も賛同し、国際天文学連合(IAU)も、今年2月12日に正式承認した。
 柴田さんと藤井さんは、ともに1940(昭和15)年度学年の幼なじみで、白石小・中、山口高の学友だ。山口高在学中、藤井さんは天文部を創設。大内長野の公民館で、一緒に天体観測を楽しんだりもした。
 高校卒業後に直接会う事はほとんどなかったが、電話や手紙、互いの出版物を送りあったりなどの交流は続いていた。そのことで藤井さんは、柴田さんの地域医療活動、阪神淡路大震災や東日本大震災時の迅速かつ継続的な被災地支援、地域の歴史・文化を掘り起こす「大内倶楽部」や同人誌「風水譚」発行等、広範囲にわたるボランティア・文化活動を知っており、それが今回の命名へとつながった。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。