アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年05月26日

山口祇園祭振興会 祭り存続へ ちょうちん献灯奉賛

山口祇園祭振興会 祭り存続へ  ちょうちん献灯奉賛
▲駅通りに面した献灯用門型

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 八坂神社(山口市上竪小路)の祭礼である山口祇園祭は、毎年7月19日に御神霊を御神輿(八角、六角、四角の3基)に移す前夜祭に始まり、20日の御神輿の御旅所(山口市駅通り1)への御神幸、24日の御旅所での中日祭、27日の御旅所から八坂神社への御還幸までの一連の神事を指す。つまり、「神の乗った御神輿が、人々の迎える御旅所に祇園社から遊行し、疫病などから人々を守る」伝統行事。前身の「山口祇園会」は1459(長禄3)年、大内教弘の時代に始まっており、約560年もの歴史を持つ。
 昔は「西国一のにぎわい」と評されるほどのお祭りだったが、時代の流れとともに衰退。その一切の運営は、個人・法人、自治会等による奉賛・補助金によってまかなわれているが、年々減少を続けている。そこで山口祇園祭振興会(宗像常明会長)は、御旅所の入口に献灯用門型をこのほど設置。新たに今年から、ちょうちん献灯による奉賛を募ることにした。
 門型の整備費用は約120万円で、そのうち山口メセナ倶楽部(中野勉会長)が70万円を助成。残りは同神社の総代8人が負担した。
 ちょうちんは54個を設置可能。奉賛金は①ちょうちん製作費1万円と②期間中の献灯奉賛1万円。来年以降は②のみの負担となる。同振興会(TEL083-922-0083)によると「完売」したとのこと。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。