アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年09月01日

進化を続ける 山口バイパス周辺特集

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

進化を続ける 山口バイパス周辺特集


山口市を支える「大動脈」

 山口市宮野上から朝田まで延長11.3キロを結ぶ国道9号山口バイパス。60~70年代、旧国道9号(現県道204号宮野大歳線等)は自動車保有台数の急激な伸びとともに交通量が増加。渋滞や交通事故が問題となっていた。そこで、当時の建設省が、問題解決とともに県央部の都市機能の高度化、地域開発の基盤整備を目的にバイパスの建設を計画。1975(昭和50)年に工事着手、1995(平成7)年2月に全線開通、2000(平成12)年10月に4車線道路として全通した。
 その間、山口県庁舎、山口市スポーツの森・西京スタジアムなどが新築。パークロード、国道262号宮野バイパス、山口宇部道路など周辺道路の整備に伴い、周辺開発や人工増加にも寄与。行政施設や歴史的文化遺産、大型病院も周辺に多数所在しており、市の経済・文化・社会を担う生活の「大動脈」として発展してきた。
 今後は、山口市、宇部市、萩市、防府市、美祢市、山陽小野田市、島根県津和野町の7市町が連携する「山口県央連携都市圏域」につながる道路としても、ますます拠点としての重要度は高まりそうだ。

進化を続ける 山口バイパス周辺特集


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。