アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年09月08日

9月17日、10月9日 能の世界の源義経と武蔵坊弁慶 事前講座特別公演「船弁慶」

9月17日、10月9日 能の世界の源義経と武蔵坊弁慶 事前講座特別公演「船弁慶」
▲一場面

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 NPO法人再発見やまぐち(米本太郎代表)による初心者向け能楽講座「能のカタチin山口」の①船弁慶事前講座が9月17日(日)午後4時から、②特別公演船弁慶が10月9日(月・祝)午後1時から4時まで、どちらも野田神社能楽堂(山口市天花1)で開かれる。
 今年で2年目を迎える能のカタチは、「敷居の高い」能楽に、もっと気軽に接してもらおうと始められた。今年は「さらに深く、もっと面白く」をテーマに開催されており、5月には能と狂言の違いや楽しみ方を解説する講座が開かれた。
 まず①は、②を予習できる講座。実際の舞台の上で、出演者が見どころや裏話などを直接解説してくれる。参加料は、一般2千円、高大学生1千円(中学生以下無料)。
 ②は、今年の集大成。テーマを「能の世界の源義経と武蔵坊弁慶」とし、義経が活躍する曲目を(狂言以外)三つ並べた。最初に見どころや鑑賞方法の解説があり、続いて舞囃子「屋島」、仕舞「橋弁慶」、狂言「清水」、能「船弁慶」が上演される。今村嘉太郎、山本則秀、長宗敦子(防府市在住)ら、20人のプロの能楽師が出演。さらに、昨年秋からけいこを重ねてきた大殿小6年の佐々木大壱くんも、船弁慶で義経役を演じる。前売りチケットは、指定席6千円、自由席4千円(大学生以下2千円)で、山口観光コンベンション協会(JR山口駅2階、平日のみ)と山口ふるさと伝承総合センター(山口市下竪小路12、自由席のみ)で購入できる。
 問い合わせは、米本代表(TEL090-6406-0245)へ。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。