アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年12月23日

1~3月 3回コースで「嘉村礒多を味読する」 多田さんは「礒多の妻 静子 チトセ」出版

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 「私小説の極北」と称される仁保出身の作家・嘉村礒多の代表作を講師とともに読む「生誕120+1嘉村礒多を味読する」が開かれる。
 内容および講師は、①「業苦」中原豊中原中也記念館館長②「七月二十二日の夜」加藤禎行山口県立大准教授③「不幸な夫婦」礒多を読む会の多田美千代代表。開催日は①が2018(平成30)年1月28日、②が同2月11日、③が同3月4日のいずれも日曜。すべて時間は午前10時半から正午までで、会場は山口県セミナーパーク(秋穂二島)。
 対象は原則3回受講可能な人で、定員は60人。聴講は無料だが、2018(平成30)年1月5日(金、必着)までの申し込みが必要。詳細は、12月9日付本紙掲載広告を参照のこと。申し込みは、はがきかウェブサイト(http://www.hito21.jp/)で。
 講師の1人、多田さんは、礒多の2人の妻に迫った「嘉村礒多ノートⅢ礒多の妻 静子 チトセ」(B6判190ページ、1千円)をこのほど出版した。「礒多生誕120年にあたり、年来の課題としていた題材について上梓できました」と多田さん。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。