アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年01月01日

明治改元から150年、維新の精神に何を学ぶ? 節目の年、渡辺純忠山口市長に聞く

明治改元から150年、維新の精神に何を学ぶ? 節目の年、渡辺純忠山口市長に聞く
▲左:開作真人 サンデー山口社長 右:渡辺純忠 山口市長

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 今年は、明治改元から150年を迎える記念の年。明治、大正、昭和と年月が過ぎ、平成も2019(平成31)年4月30日までとなった。平成、そしてその次の元号に生きていくわれわれは、大きな改革を成し遂げた明治維新の精神に、何を学び、どう行動すべきなのか。節目の年の初めに、渡辺純忠市長に聞いた。(聞き手/サンデー山口社長 開作真人)

「豊かな暮らし 交流と創造のまち 山口~これが私のふるさとだ」

 -あけましておめでとうございます。昨年10月、市長に再任されました。
 渡辺 各方面からご支持いただき、4期目の市政を預からせていただくこととなりました。これまでに進めてきたまちづくりの経験を生かし、山口市の未来を確かなものとするために、今後も全力で取り組んでまいります。
 -来年度が計画期間の初年度となる「第二次山口市総合計画」の策定作業が大詰めです。
 渡辺 将来都市像に「豊かな暮らし 交流と創造のまち 山口~これが私のふるさとだ」を掲げ、「広域県央中核都市づくり」「個性と安心の21地域づくり」「教育・子育てなら山口」「働く・起業なら山口」「文化・スポーツ・観光なら山口」「健康長寿のまち」「安全安心のまち」「市民サービス向上」からなる八つの重点プロジェクトを展開していきます。
 -1市4町合併以来の懸案事項だった市役所本庁舎の位置は「現在地および中央駐車場」に建て替え整備される方針が示されました。今後のスケジュールをお聞かせください。
 渡辺 検討委員会からの答申書、これまで進めてきたまちづくり、2005(平成17)年の合併協定書にある「新市の事務所の位置」に関する項目など、検討内容を整理。新本庁舎に必要な役割、機能、規模、整備の進め方など、今後の基本的な考え方や方向性を取りまとめた整備基本方針を、本年度中に決定する予定です。そして2018(平成30)年度からは、基本計画策定や基本設計等に取り組み、具体的な整備内容の検討を進めていきます。

山口県ナンバーワンの広域観光拠点に 山口都市核

 -本庁舎の真裏にあって、今度“生まれ変わる”亀山公園との調和も気になります。
 渡辺 亀山公園山頂広場は、市内を一望でき、幅広い世代の憩いの場となるよう整備を進めており、今年8月末に完成する予定です。さらには、一の坂川交通交流広場に隣接もする亀山公園ふれあい広場の再生整備にも着手したいと考えています。本庁舎の整備方針が固まることで、パークロードおよび県道宮野大歳線の周辺や中心商店街など、今後は一帯エリアのグランドデザインを描けるようにもなります。
 -では、山口都市核全体の未来像についてお聞かせください。
 渡辺 長い歴史の中で積み重ねてきた、行政、文化、教育、商業、観光などの都市特性や既存ストックをより高め「山口県ナンバーワンの広域観光拠点づくり」を目指します。中心市街地における駅通り再生整備や黄金町市街地再開発、湯田温泉における多世代交流施設や都市計画道路「一本松朝倉線」未整備区間の整備検討等、各種事業を進めていきます。さらに「湯田温泉酒まつり」などイベントの開催支援、山口情報芸術センター(YCAM)を核とする情報文化都市づくりにも取り組みます。
 -一方「小郡都市核」では、JR新山口駅を中心に、各種整備が着々と進められています。
 渡辺 交通結節・アクセス機能の強化を図り、山口県の玄関口にふさわしい「県ナンバーワンのビジネス街」形成を目指します。

山口県ナンバーワンのビジネス街に 小郡都市核

 -具体的には?
 渡辺 駅北地区重点エリアには、発展の原動力となる産業交流拠点施設を整備。県内最大級の多目的ホールは2千席の収容能力を備え、これまで県央部ではできなかった規模の見本市や学会なども可能に。大規模コンサートやイベント開催による交流人口増加にも期待できます。ほかにも新しいビジネスを生み出す仕掛けが詰まっており、2020年度の供用開始を予定しています。一方、ターミナルパーク整備は、3月の供用開始を予定している北口駅前広場に続き、南口駅前広場の工事を、2019年度の供用開始に向けて進めます。
 -小郡都市核の「ビジネス街」形成に向けてのその他取り組みは?
 渡辺 情報関連産業等の誘致促進に向け、支援措置対象となる業種の拡大、人数要件緩和、オフィスにおける高速通信回線施設整備に対する補助金創設などを予定しています。同時に、県による産業交流拠点施設への若者就職支援センターの移転、北地区重点エリア内への三部制定時制高校の新設も計画。さらに、駅北口と県道山口宇部線とを結ぶアクセス道路と駅北地区エリア内道路の整備、長通り雨水幹線の改修による浸水排水対策等、都市基盤整備についても進めていきます。

求められる「快適な移動」 高速道の有効活用を要望中

 -今後、山口都市核と小郡都市核への高次都市機能の集積・強化がなされた場合、両都市核間で「快適な移動」を提供できるか否かが、山口市の発展を大きく左右するのではないかと考えますが。
 渡辺 両都市間を結ぶ公共交通は、本市における基幹交通の要です。バス路線については、防長交通が昨年10月から「市内1乗車300円」の定額回数券を、1年間の実証実験として販売中。中国電力・YAB前と新山口駅間のバス移動は通常片道600円なので、半額になります。ぜひご利用ください。今後は、バス事業者、国、県とともに、運行状況の分かるバスロケーションシステムや交通系ICカードの導入を図るとともに、より利用しやすいルート・ダイヤになるべく見直しをしていきます。
 -高速道路の有効活用について、国に要望されたとか。
 渡辺 県央部には、中国道、山陽道、山口宇部道路、小郡萩道路など、多くの高規格道路が走っています。山口県央連携都市圏域内もしくは市内で乗り降りした場合、例えば100円など定額・格安料金での利用ができることにならないか、要望を提出しています。これが可能になれば、例えば「市南部の工場に勤める人が、徳地地域に家を構え、中国道を使って通勤する」といったことが現実的になります。圏域内がぐっと近づくだけでなく、中山間地域の活性化などにもつながると思います。
 -ぜひ実現してほしいですね。
 渡辺 また、今年3月末には「第二次山口市市民交通計画」を策定することとしており、この計画に沿って、両都市核間の公共交通の維持・確保と充実に取り組みます。
 -ついに、明治維新150年の2018(平成30)年を迎えました。明治維新策源地・山口市ではどのような取り組みを?
 渡辺 維新の志士たちが宿所などに利用した十朋亭と周辺建物の整備を進めており、志士たちが残した貴重資料を展示する施設を、10月に開館する予定です。さらに、9月14日から11月4日まで山口きらら博記念公園が会場となる「山口ゆめ花博」、幕末・維新に関連した企画展やお宝展の開催、本市の歴史・文化等を紹介する情報誌発行などを予定しています。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

10月に日本・スペイン・シンポジウム
両国の要人が山口市に参集
 


 -今年は「日本・スペイン・シンポジウム」が市内で開催されますね。
 渡辺 山口市とスペインとの「絆」は、室町時代に大内義隆がフランシスコ・サビエルにキリスト教の布教を許したところからスタート。そのご縁が、東京五輪・パラ五輪におけるスペインのホストタウンへとつながりました。同国との結びつきをさらに緊密なものとし、市民の皆様にもスペインをより理解し、親しみを感じていただきたいと考え、ホストタウンに共同登録している県、宇部市とともに、日本スペイン外交関係樹立150周年の今年、記念すべき第20回目の同シンポジウムを受け入れることとなりました。
 -開催時期は?
 渡辺 10月中旬の3日間が予定されています。具体的な内容は、今後外務省を中心に詰めていくことになりますが、日本とスペインとの経済・技術交流、文化交流といったテーマに沿って、各界トップランナーによる議論が交わされるものと期待しています。両国の要人が市に参集されることとなります。ぜひ、ここ山口の地に今も受け継がれる大内文化の気風、スペインとの長い交流の歴史を感じていただきたい。山口ゆめ花博の期間中でもありますので、会場にもご案内する予定としています。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。