アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年01月24日

山口県内産デニムのお守り 今八幡宮が頒布開始

山口県内産デニムのお守り 今八幡宮が頒布開始
▲すべてが手作りのお守り

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 今八幡宮(山口市八幡馬場、TEL083-922-0083)は、山口県内産デニムを使用した「災難除けお守り」の頒布を、元日に始めた。初穂料は1千円で、500体限定。
 ジーンズなどに用いられるデニム生地は、米国の西部開拓時代に誕生。ガラガラヘビや虫をよける効果のあるインディゴ染料が使われており、作業着として普及した。このデニムの特性が、災難封じや厄よけにも通じることから、同八幡宮の小方礼次宮司がデニム製お守りの製作を発案。デザイン・制作は、県立大で学んだクリエイターの瑠璃子(本名:小田玲子)さんが担当し、濃淡の異なる青3色とピンクの合わせて4タイプを完成させた。
 瑠璃子さんは「1点ずつ手作業で、神符を納めて鋲止め。大きさなども、吉数にこだわり製作しました」と説明。「珍しさと手作りの温かみから人気です」と小方宮司。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。