アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年01月27日

きょう1月27日 北欧の差別を描いた各賞受賞作 西京シネクラブが「サーミの血」上映

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 2016(平成28)年東京国際映画祭で審査委員特別賞と最優秀女優賞をダブル受賞、2017(平成29)年には北欧最大のヨーテボリ国際映画祭で最優秀ノルディック映画賞を獲得。その他、世界各地の映画祭でさまざまな賞を受賞した映画「サーミの血」(2016年スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)が、きょう1月27日に山口県教育会館(山口市大手町2)で山口県内初上映される。上映時間は、午前10時半、午後2時、7時からの3回。
 1930年代のスウェーデンが舞台で、ラップランド地方でトナカイを飼いならす先住民族・サーミ人少女のエレ・マリャが、差別にあらがい生き抜く姿を描いた成長物語。当時サーミ人は、他の人種より劣った民族として差別されていた。
 監督のアマンダ・シェーネルはサーミ人の血を引いており、自身のルーツをテーマにした短編映画を撮った後、長編映画デビュー作となる本作でも同じテーマを扱った。加えて、主演のレーネ=セシリア・スパルロクは、今もノルウェーでトナカイを飼い暮らしているサーミ人。その演技を超えたたたずまいは高く評価され、東京国際映画祭では最優秀女優賞を受賞した。また、劇中の民族衣装、小道具、トナカイの扱いなどは、すべて正確に再現されている。
 前売り券(電話予約可)は、一般1500円。YCAM、山口市民会館などで購入できる。当日券は、一般1800円、大学生1千円、高校生以下800円。申し込み・問い合わせは、主催の西京シネクラブ(TEL083-928-2688)へ。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。