アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年07月20日

山口市からは15人が参加 福島県白河市で戊辰戦争合同慰霊祭

山口市からは15人が参加 福島県白河市で戊辰戦争合同慰霊祭

▲読経の中祭壇に献花する参列者

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 7月14日、福島県白河市で「白河戊辰150周年記念事業 甦る仁のこころ 合同慰霊祭」があり、「東軍」(旧幕府軍)と「西軍」(新政府軍)分け隔て無く、約1千人が全国から集結した。「長州」からは、安倍晋三首相がビデオメッセージを寄せ、河村建夫衆議院議員と藤道健二萩市長が来賓あいさつ。そして山口市からは、伊藤和貴副市長ら市職員、河野康志会頭ら山口商工会議所議員、「白河踊保存会」メンバーら、約15人が出席した。
 戊辰戦争では、交通の要衝だった同地の小峰城を巡り、東西両軍が1868(慶応4)年4月から約100日間にわたり、激しく争った。両軍合わせて約1千人を超える戦死者を出したが、白河の人たちは東西分け隔て無く手厚く弔った。その後150年間、市内に数多くある犠牲者の墓や慰霊碑は、「仁」のこころを持つ地元住民による供養が続けられている。また長州藩兵は、彼らの霊を慰めた盆踊り「白河踊り」を共に踊り、戦争後地元に持ち帰ったとされる。それが今でも、萩市や山口市など県内各地で伝承されている。
 慰霊祭では、鈴木和夫白河市長が「明治以降の歴史は、戊辰戦争の犠牲の上にある。『仁』の心を持つ先人たちの気概や実行力など、見習っていきたい」とあいさつ。白河藩主だった阿部家22代当主の阿部正靖さんが祭文を読み上げ、福島県神社庁西白河支部の宮司らが大祓。続いて、白河仏教会の僧侶の読経に合わせて、各団体の代表者が献花した。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。