アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年08月18日

7月の山口県内経済情勢 「豪雨による影響を把握する必要がある」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 「平成30年7月豪雨前は、回復しつつあったが、現時点では、まずは豪雨による地域への影響全体について十分に把握する必要がある」。財務省山口財務事務所(TEL083-922-2190)は、7月の「山口県内の経済情勢」を、このように総括判断した。
 その要点は、「豪雨前は『個人消費』は緩やかに持ち直しているほか、『生産活動』は回復しつつあり、『雇用情勢』は着実に改善し、人手不足感が引き続き強い状況にある。現時点では、まずは豪雨による地域への影響全体について十分に把握する必要がある」とした。豪雨前の2018(平成30)年度の「設備投資」は前年度を上回り、「企業収益」は減益の見通しだった。
 「先行き」は、「豪雨による地域への影響全体について十分に把握した上で判断する必要がある。また、通商問題の動向や海外経済の不確実性、それらに伴う為替の動向などには注視していく必要がある」としている。
 調査対象企業からは「雨などの天候不順による客数の減少、生産地の好天による野菜価格の低下などから、飲食料品の売り上げが低調だった」(スーパー)、「洗剤の最適な量を自動計量し投入する機能がついた洗濯機が良く売れており、家事の手間を省ける機能を重視する顧客が増えている」(家電大型専門店)、「共働き世帯の増加に伴い、調理の手間が省ける総菜などを、仕事帰りに購入する人が増えている」(スーパー、コンビニ)、「工事の発注に関する問い合わせはあるものの、現場監督などを行う有資格者が不足しているため、受注を制限せざるを得ない」(建設)などの声が、(豪雨前に)聞かれた。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。