アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年12月19日

12月22日 日本子守唄協会・西舘理事長が講演 「こどもという未来のために子守唄」

12月22日 日本子守唄協会・西舘理事長が講演 「こどもという未来のために子守唄」
▲西舘好子さん

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 「こどもという未来のために子守唄」が、12月22日(土)午後1時から3時まで、ニューメディアプラザ山口(山口市熊野町1)で開かれる。入場は無料。
 まず、日本子守唄協会の西舘好子理事長が「こどもという未来のために子守唄を」の演題で、虐待・いじめ・少子化等が社会問題になる中、子守唄の持つ大切な役割を伝える。西舘さんは、1961(昭和36)年に作家の井上ひさし氏と結婚。1983(昭和58)年劇団こまつ座を主宰、プロデュース。1986(昭和61)年の離婚後は、演劇や評論等さまざまな活動に取り組んでいる。井上との愛憎の日々をつづった、今年2月出版の書籍「家族戦争 うちよりひどい家はない」(幻冬舎)は、大きな話題も呼んだ。
 続いて、歌手・ちひろによるコンサート。「波の子守唄」「ゆりかごの唄」などが披露される。
 当日は無料の託児サービスも。申し込みは、主催する「やまぐち子育て四訓の会」の入江幸江さん(TEL090-7545-4202)へ。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。