アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 24人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年03月09日

「平成」の山口市を振り返る⑪ 「平成11年」に本紙が伝えたこと

「平成」の山口市を振り返る⑪ 「平成11年」に本紙が伝えたこと

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 2000年問題や「だんご3兄弟」の大ヒットが話題となった1999(平成11)年、(合併前の旧)山口市は市制70周年を迎えた。さまざまな記念事業が開催された一方で、3月31日に市営バスが56年の歴史に幕を下ろした。本紙では、廃止に反対する市民の署名運動やシンポジウム開催などの動きを追いつつ、4月1日付「市民の足、きょうから民営 防長交通が7路線43系統を継承」で次のように伝えた。「ピーク時の昭和37年には年間延べ1千万人の利用者があった。しかし、その後はマイカーの普及に押され(中略)四次にわたって市自動車運送事業経営審議会に経営改善を諮問し、再建策を模索してきた。しかし、ついに万策尽きて昨年の12月定例市議会で市営バス廃止が正式に承認された」。
 1998(平成10)年8月の弊紙創刊20周年記念で募集した「地域の街づくり論文」優秀作者4人による座談会を1月1日付に掲載。福祉・文教面の強化や色彩を重視した景観整備、自然・歴史・人材等の「財産」活用、中核都市づくりへの提言などが熱く語られた。
 街づくりの視点では、「一の坂川河川再生事業 亀山橋~西京橋間今秋着工」(1月15日付)「『湯田温泉21世紀フォーラム』初会合」(7月15日付)「市中心市街地活性化まちづくり推進協設立」(11月7日付)なども報道。また、「台風18号大暴れ 市南部は大打撃」(9月29日付)「鳴滝の岩盤崩落事故」(10月13日付)では、市民の生活への影響を伝えた。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。