アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年03月20日

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(167)大村益次郎

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(167)大村益次郎
▲勝海舟旧宅跡周辺にある氷川神社(東京都港区)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

(3月13日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

無政府状態

 その頃、関東地方では、情勢を一変させる事態が起こっていた。
 土地を農民に解放することを告げながら進軍する東征軍に対し、地元の旗本や代官は、知行地を放棄し逃亡。無政府状態となり人民による一揆が広がっていった。
 こうした状況の中、東征軍は、年貢半減の約束を捨て、一揆を起こした者たちに対し厳しい弾圧を加えた。
 この東征軍の動きに対し、英国公使パークスは、旧幕府側をフランスが援助しているため、新政府側を英国が援助しようと提案。しかし、親征大総督府・西郷隆盛は、国内の戦いに外国の兵力は無用であると答えた。

動揺

 一揆の広がりに、旧幕府側の間でも動揺が起こり、脱走する者が増えていった。
 こうした状況の中、旧幕府軍の陸軍奉行であった勝海舟も庶民の動きを警戒していた。
 今、東征軍と戦い、双方が傷つけば、やがて庶民の力が増大し、権力は庶民の手に移るかもしれないと考えたのである。
 また、この戦いで旧幕府軍がフランスの援助に頼るならば、中国の太平天国の乱の二の舞になるかもしれないと恐れた。
(続く。次回は27日付に掲載します)


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。