アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年04月12日

「平成」の山口市を振り返る⑳ 「平成20年」に本紙が伝えたこと

「平成」の山口市を振り返る⑳ 「平成20年」に本紙が伝えたこと

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 2008(平成20)年8月末日、市内唯一の百貨店「ちまきや」が153年にわたる歴史に幕を下ろした。本紙では6月8日付で「一時代築いた商店街の顔『ちまきや』閉店」と題し、次のように報じた。「社歴によれば1855(安政2)年に八木宗兵衛氏が呉服店を創業、1864(元治1)年には毛利公より『ちまきや』の称号を与えられたとある。(中略)旧態勢から脱し近代的商店街が形成されてゆくなかで、1907(明治40)年には、第二代八木宗十郎氏を会長に山口実業談話会が設立され、八木会長の発案で商店街連合の大売り出しを、斬新な『山口デー』として開催し、近郷近在からの集客で賑わい現在に至っている」。
 市民からも、閉店を惜しみ「ちまきやの屋上には遊園地があり、観覧車もゴーカートもあった。(中略)初めて食べたオムライス。ぐるぐる回転する量り売りのお菓子、いわさきちひろ展を見て感動したのも、就職するとき母と一緒に来てワンピースを作ってもらったことも今はみんな思い出」(8月24日付)といった投書が寄せられた。
 そして2カ月後の10月3日、ちまきやの建物は「山口井筒屋」として生まれ変わった。9月28日には、山口井筒屋オープン記念特集号も発行。河内一彦社長へのインタビューや店舗の内容を紹介した。
 ほかには、「第1回やまぐち歴史・文化・自然検定」(2月1日付)「有志手作り巨大大内人形が完成間近8月4日から山口駅に設置予定」(7月11日付)などのまちの動きを伝えた。
 また、本紙が創刊30周年を迎えたことで、10月9日には3部だて20ページの記念特集号を発行した。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。