アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年04月24日

きょう4月24日、あす25日 1年に2日の 秋穂八十八カ所お大師まいり

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 きょう4月24日とあす25日、秋穂地域を中心に「秋穂八十八カ所お大師まいり」が開催される。
 秋穂八十八カ所霊場は、1783(天明3)年に遍明院(山口市秋穂東)の住職、性海法印が四国八十八カ所霊場の御符と御砂を持ち帰ったのが始まり。その歴史は四国に次いで古く、今年で236年目を迎える。弘法大師の旧暦の命日とその前日に各札所を巡拝するもので、毎年県内・県外から3千人を超える人が訪れる。
 各札所では地元の人々による「お接待」が行われるが、高齢化や巡拝者の減少も進んでいるのが現状。そこで、「お大師まいり」の伝統を守り、巡拝者を増やそうと、山口観光コンベンション協会秋穂支部も協力し、イベントを開催。秋穂地域交流センター(山口市秋穂東)とたのしいところ(山口市秋穂二島)に、案内所が設置され、巡礼マップの配布、おすすめコースの紹介などが行われる。また、体力的にすべてを回れない人のために、各札所の境内の砂を詰めた袋を踏み巡拝の代わりとする「お砂踏み」もできる(秋穂地域交流センターのみ)。
 問い合わせは同支部(TEL083-984-3741)へ。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。