アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年04月27日

「平成」の山口市を振り返る㉕ 「平成28・29・30年」に本紙が伝えたこと

「平成」の山口市を振り返る㉕ 「平成28・29・30年」に本紙が伝えたこと

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 2018(平成30)年9月22日、亀山公園山頂広場がリニューアルオープンした。同日付本紙では見開きで特集。「市が16(平28)年度から整備を進めてきた亀山公園山頂広場が、きょう22日にリニューアルオープン。(中略)大規模な再整備が進められた。総事業費は約4億円」と概要を伝えた。さらに、1900(明33)年の開園からの歴史も振り返り、2006(平成18)年に同公園の「再生」を目的に誕生した「亀山公園を愛し育てる会」による市民運動なども紹介した。
 また「山口市で歴食ジャパンサミット」(2016年2月13日付)「井上公園整備完了」(同3月19日付)「八坂神社大鳥居に11年ぶり扁額『復活』」(同6月17日付)「リオ五輪・パラ五輪市民祝賀祭」(同9月17日付)「十朋亭維新館オープン」(2018年9月26日付)「11月に第20回日本・スペイン・シンポジウム」(同10月12日付)などの出来事も、この3年間に伝えた。
 2013(平成25)年の「七卿落ち」に始まり、「井上馨」「高杉晋作」と続いた松前了嗣さんによる「明治維新鴻業発祥の地、山口」の「大村益次郎」がスタートしたのは2016年1月1日付。現在4年目を迎えている。一方で、長年続いた人気連載「札の辻・21」は2016年7月に813回で、「山口周辺」は2018年9月に1767回で、それぞれ終了した。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。