アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年05月10日

【投書】 歴史的建築物 「桜圃寺内文庫」の保存・再生を!

【投書】 歴史的建築物 「桜圃寺内文庫」の保存・再生を!
▲「寺内文庫」建物

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 JR宮野駅近くにある「桜圃寺内文庫」は、明治時代に首相などを歴任した寺内正毅によってその基礎が作られた。直線を組み合わせたデザインの大正建築らしい建物で、1957年からは山口女子短大(現山口県立大)の所管となったが、現在は建物の老朽化が進み、“廃屋”と化している。山口市出身の建築家・藤本春紀さんから、同文庫の今後に関する投書が届いたので紹介する。

 宮野桜畠、県道204号線の「宮野駅前」バス停傍らに、古い建物と一基の顕彰碑があります。山口市出身の陸軍元帥であり、総理大臣も歴任した寺内正毅の遺構です。
 建物は、1922年2月、寺内正毅の蔵書、収集図書などを収めた「寺内文庫」と称されるもので、長男の寺内寿一がその遺志を継ぎ、建造、開庫したものです。また、顕彰碑は閑院宮載仁親王の筆で「至誠報国」の篆額が刻まれ、41年2月に建てられたものです。
 宮野地区では、この建物の解体と保存という相反する提唱がなされていますが、今、建築関係者、地元の人たち、大学関係者など、歴史的、文化的関心を持つ人達から、保存・再生・活用の道を探る行動が起こってきています。
 この保存・再生・活用の動きが山口の新しい時代を拓くひとつの基点となるよう、皆様のお知恵を募りたいと思っています。ご賛同いただける方は藤本(TEL090-8162-8696)または厚東一生(TEL080-5705-3849)までご連絡ください。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。