アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年05月17日

やまぐちの文学者たち」追補版で計100人に 福田礼輔さんら山口市内から25人登場

やまぐちの文学者たち」追補版で計100人に 福田礼輔さんら山口市内から25人登場
実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 近代以降に活躍した山口県出身もしくはゆかりの文学者で、既に亡くなった人とその作品を紹介する冊子「やまぐちの文学者たち」は、「初版」(63人)が2006年3月に、17人を追加した「増補版」(80人)が13年2月に刊行。このほど、さらなる20人を選定・紹介した「追補版」と、全100人を簡潔に紹介した「ダイジェスト版」が刊行された。発行したのは「やまぐち文学回廊構想推進協議会」(福田百合子会長)。
 追補版には、1994年から2015年までサンデー山口の取締役相談役を務めた福田礼輔さんも選ばれ、次のように紹介された。
 「『サンデー山口』に連載の『やまぐち菜時記』では、ふるさと山口の四季と味覚を、繊細な視点と軽快なタッチで描いた。また、同連載『札の辻・21』も『札の辻:「鱧」の山口春秋』として出版された。(中略)市菜香亭の初代館長を務めるなど、『山口の文化人』としても活躍した福田。ジャーナリストであり、執筆家であり、文化人という、地域にとって、稀有で貴重な存在だった」
 市内からはさらに、朝比奈敦、上野燎、川口重美、中野真琴、永松定、南条範夫、西田幾多郎、和田健の各氏も今回選定。「増補版」までの岩上順一、上野英信、上野さち子、氏原大作、太田静一、小川五郎、大佛文乃、兼﨑地橙孫、嘉村礒多、北森鴻、斯波四郎、新村出、田島準子、友廣保一、中原中也、吉田常夏の各氏と合わせ、市ゆかりの文学者は総勢25人が掲載されている。
 図書館などで閲覧できる。問い合わせは同協議会(TEL083-933-2627)へ。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。