アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年06月07日

豊作を願って 古熊神社がイセヒカリ御田植祭

豊作を願って 古熊神社がイセヒカリ御田植祭
▲苗を植える早乙女たち

豊作を願って 古熊神社がイセヒカリ御田植祭
▲今年の豊作を祈る

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 今年の豊作を祈願する御田植祭が6月2日、古熊神社(真庭宗雄宮司)の神田(山口市惣太夫町)で執り行われた。崇敬会や地域住民らによる早乙女12人と田男5人が、イセヒカリを植え付けた。
 「奇跡のお米」とも呼ばれるイセヒカリが発見されたのは、1989年。台風によってなぎ倒された伊勢神宮(三重県)の神田の中に、2株だけ直立していた稲があった。当初、コシヒカリの突然変異種と考えられ、山口県の専門家、篤農家によって試験栽培が実施。その後、「食味はコシヒカリに優るとも劣らず、病害虫にも強い」ことが判明し、1996年に伊勢神宮が「イセヒカリ」と命名。2002年に原種が特定されるなど、県と縁が深い品種だ。同神社では、2013年から毎年植え付けており、今年で7回目を迎えた。
 神事の後、緋袴に手ぬぐい、笠、青い手甲に茜たすきを身につけた早乙女たちが横一列に並んで水が張られた田に入り、合図に合わせて苗を一つ一つ、手で植えていった。
 秋に収穫されるコメは、11月の山口天神祭に供えられるとともに、伊勢神宮にも奉納される予定。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。