アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年06月14日

山口民家作事組の「阿知須・木と土の家」 「サステナブル住宅賞」国土交通大臣賞を受賞

山口民家作事組の「阿知須・木と土の家」 「サステナブル住宅賞」国土交通大臣賞を受賞
▲温かみある伝統的構法と最新技術を融合

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 「建築省エネ機構」(http://www.ibec.or.jp/)による「第8回サステナブル住宅賞」の最高賞となる国土交通大臣賞を、2019年1月「阿知須・木と土の家」が受賞した。「サステナブル住宅」とは、伝統的住文化を継承しつつ、環境負荷低減対策を施した住宅を指す。
 設計・施工したのは、設計者、施工者、研究者など13人で構成する「山口民家作事組」。1999年に県建築士会民家再生研究会として発足し、今年で20年目を迎える。
 「阿知須・木と土の家」は、海岸から1キロ程の距離に位置する平屋住宅。構造材に熊本スギ、仕上材に山口スギを用い、渡りあご、雇いほぞなど大工職人がすべて手加工で完成させた。そして、地域で培われてきた土壁住宅の良さを生かしながら、断熱性能を補う工法を開発・採用。土壁は、県内産の竹木舞と壁土を県内職人が築造した。また、断熱・通風・日射遮断の機能を持つ新開発の「木製断熱ルーバー雨戸」も設置しており、操作性や耐久性を評価中だ。
 「この受賞をきっかけに、優れた特長を持つ『木と土の家』を、県内でもっと普及させたい。興味のある方は、ウェブサイト(https://www.minkasakujigumi.com/)からご連絡を」と、同会の水沼信さん。
 彼らの取り組みは、6月11日発売の住宅雑誌「チルチンびと」(風土社)100号でも、8ページにわたって紹介されている。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。