アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年06月22日

2期連続「下降」超 山口県内法人企業の景気予測

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 財務省山口財務事務所(TEL083-922-2190)は、四半期ごとに実施している法人企業景気予測調査の結果を発表した。調査時点は5月15日で、今期(4~6月)の現状、翌期(7~9月)の見通し、翌々期(10~12月)の見通しについて、107社が回答を寄せた。内訳は、大企業(資本金10億円以上)28社、中堅企業(同1億円以上10億円未満)25社、中小企業(同1千万円以上1億円未満)54社。業種別だと、製造業が41社で、非製造業が66社だ。
 今期の「景況判断」が、前期に比べ「上昇」したと答えた企業は10.3%で、「下降」は13.1%だった。BSI(「上昇」と答えた企業割合から「下降」と答えた企業割合を引いた数値)はマイナス2.8で、前期(マイナス1.6)および前回調査時の今期予測(3.1)をともに下回った。2期連続の「下降」超となったが、翌期は6.5の「上昇」超見通し。とはいえ、翌々期はマイナス3.7の「下降」超の見通しとなっている。
 次に、2019年度の「売上高」(回答71社)は、前年度比マイナス0.3%の減収見込み。一方「経常利益」(同71社)はマイナス0.2%の減益見込みだ。
 また「設備投資」(同80社)計画は、前年度比31.9%の増加見込み。大企業は34.1%、中堅企業は8.1%、中小企業は99.0%だった。
 そして、「雇用」の現状BSIは、39.1の「不足気味」超。前期(32.0)よりも人手不足感は拡大し、翌期、翌々期とも39.1の「不足気味」超で推移する見通しだ。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。