アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年07月17日

主題

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 S文学賞のA作家の選評の文章に目が止まった。
 "作品をどう描くかの技術研究はよくなされているが、一方で何を描くか、何を主題にするかはあまり探求されていない”。
 良くわかる。拙い文章ばかり皆さんにお目にかける私でも、何をどう書く
かは考える。どう書くかは、ある程度習うことができる。ある程度ね。
 「ここをこう書けばわかり易くなるわよ」。先生に批評されれば、それを踏まえて、何度も同じ失敗はするけれど、十年くらい経てば上手くなる。才能なんてなくても続けていれば、なんとか人に伝えることができるようになる。ある程度はね。
 何を主題にするかは難しい。これは書く価値があるのか? もうすでに書き尽くされている題材ではないのか。考え方が偏っていないか。個性ではなく偏見ではないか? この題材に対して、新しい発見があるのか。私の知識のなさのために私だけの新しい発見ではないのか? 広がりがあるか?
 “日常の中では新しい主題は日々生まれているのである。誰かに発見されることをその主題は待ち望まれている”。
 さあ、発見するぞ。加齢していく私の体は発見の宝庫。浮き沈みする心も開陳…何かがあるはずだ。ある程度はね。


同じカテゴリー(おんなの目)の記事
 見事なびらん (2019-07-24 00:00)
 バスが来たら (2019-07-10 00:00)
 居るよ、居る、居る。 (2019-07-03 00:00)
 きんと雲 (2019-06-29 00:00)
 本の海に潜って (2019-06-19 00:00)
  (2019-06-12 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)おんなの目
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。