アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人

店長情報 トップページ
店長情報

2014年03月12日

前に進め

 顔に蕾がポンポン当たる。顔を木々の中に突き出すようして歩いているのだから当然だ。蕾の硬さが小気味よい。
 近くの公園に椿や山茶花の木が20本ばかり植えてある。それらに今、蕾がぎっしりついている。樹高2㍍の椿には確実に60個はある。花は赤や白、紅白の絞り、一重、八重など様々である。私は、特に一重の大ぶりの椿がたまらなく好き。肉厚の花びらは、逞しく、大らかさがある。
 山茶花の儚い風情も今年から好きになった。今までは、特に真っ白の花などは、私をすがるように見つめている気がして気が滅入った。今年は、花が群れるように咲いているのを見ていたら、単なるおしゃべりな花ではないか、葉の縁がギザギザになっているのも小賢い。小心者だ。私と同類だ。好きになった。
 蕾達は、新学期の朝礼に集合した中学生のようだ。嬉しさと緊張が伝わってくる。段々と身体は膨らんでくるけれど、これから開くのだけれど、外はどうなっているのだろう? 立派に咲けるだろうか? 太陽は祝福してくれるのかな。胸がドキドキする。制服のボタンを留めなおし、姿勢を正す。だけど、嬉しくて少しの風にもさざめいてしまう。整列した蕾を前にして、私は先生になった。朝礼台から号令をかける。前に進め、咲け、咲け、蕾よ進め!


同じカテゴリー(おんなの目)の記事
 見事なびらん (2019-07-24 00:00)
 主題 (2019-07-17 00:00)
 バスが来たら (2019-07-10 00:00)
 居るよ、居る、居る。 (2019-07-03 00:00)
 きんと雲 (2019-06-29 00:00)
 本の海に潜って (2019-06-19 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)おんなの目
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。