アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 24人

店長情報 トップページ
店長情報

2015年05月20日

青葉若葉

 新しいストッキングを穿く。つま先をピンと伸ばして薄い肌色のストッキングを履く。
 萌黄(緑みのさえた黄緑)・鶸萌黄(さえた黄緑)、陽の射す南の山は鮮やかな色。その山も夕方になると、青丹(緑みの暗い黄緑)・苔色(黄みの深い黄緑)と変わり、夕には、似せ紫(暗い赤紫)・杜若(赤みの深い紫)。とうとう夜が来て、素鼠(灰色)・藍墨茶(青みの暗い灰色)・墨色(暗い灰色)。そして黒へと沈んでいく。
 海辺の町の友人から自分で釣り上げたメバルが2匹送られてきた。ギョロ目のメバル2匹。グッと腹を割いて大きな鍋で煮付けにする。右足の不自由な友人の、竿のしなりと褐色に焼けた得意げな顔が浮かぶ。黄色のラッパ水仙の絵葉書で礼状を出す。新しいペンと少し緑がかったインクで。“美味しかったです。前頭葉が動き出しました。”
 天気予報は快晴。新しいストッキングは足を柔らかにつつみ、私を外に出ようと誘う。スカートをはいて、川の辺りまで。
 桃色(赤みの薄い赤紫)・中紅(赤みの鮮やかな赤紫)のスカートにしようかしら? それとも川とお揃いの青色にしようかしら? 花浅葱(鮮やかな青)・瑠璃色(さえた青紫)。川の色は刻々と変わり、私のスカートは決まらない。


同じカテゴリー(おんなの目)の記事
 見事なびらん (2019-07-24 00:00)
 主題 (2019-07-17 00:00)
 バスが来たら (2019-07-10 00:00)
 居るよ、居る、居る。 (2019-07-03 00:00)
 きんと雲 (2019-06-29 00:00)
 本の海に潜って (2019-06-19 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)おんなの目
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。