アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2015年09月02日

ショウリョウバッタ

ショウリョウバッタ

 ショウリョウバッタのメスは大きく、頭の先から腹の先までの体長が8センチ近くあり、日本最大のバッタです。一方、オスは小さく半分くらいの体長しかありません。ススキなどのイネ科の植物の繁茂するところで生活し、街中の公園でもみることがあります。よく観察してみると、前ばねの体液や神経の通り道である翅脈は、平行になっているようにみえ、イネ科の葉と区別がつきにくいほどよく似ています。頭のとがり方も葉先と、細長いあしは茎のふくれている部分に似ています。じっとしていれば、どこにいるのかわからないくらい同化します。草地を歩くと、バッタが飛び出してきます。オスは前翅と後翅を打ちあわせて、キチキチと音をたてて飛びます。
 秋、バッタ・キリギリス・コオロギ・カマキリの仲間が最も活動する季節です。草むらをのぞくと、多くの虫たちに出会えます。採集して体のつくりをじっくり観察すると、虫たちに親しみがわいてきます。
県立山口博物館 動物担当 田中 浩


同じカテゴリー(おもしろ小箱)の記事画像
特別展「どきどき! ドローン・ワールド」を開催します!
純粋じゃないからいいんです!
テーマ展「目撃! 地球史40億年 -岩石が語る地球の歴史-」
今年は有馬喜惣太没後250年
見た目がちがっても中身はいっしょ
VR(仮想現実)技術
同じカテゴリー(おもしろ小箱)の記事
 特別展「どきどき! ドローン・ワールド」を開催します! (2019-07-03 00:00)
 純粋じゃないからいいんです! (2019-06-05 00:00)
 テーマ展「目撃! 地球史40億年 -岩石が語る地球の歴史-」 (2019-05-01 00:00)
 今年は有馬喜惣太没後250年 (2019-04-03 00:00)
 見た目がちがっても中身はいっしょ (2019-03-06 00:00)
 VR(仮想現実)技術 (2019-02-06 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)おもしろ小箱
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。