アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年02月03日

お殿様の愛した防長の焼き物

お殿様の愛した防長の焼き物
▲鷹羽(鷹山)焼染付茶碗

 写真は、長府藩第11代藩主毛利元義が文政年間に平戸の陶工を招き、下関市前田の鷹羽山西麓で製陶させた鷹羽(鷹山)焼の染付茶碗です。高台内に江戸時代の「文政年製」の銘があります。
 防長(山口県)では、古来から各地で焼き物が盛んに作られてきました。背景として、原料となる陶土、粘土を多く産出し、燃料となる松材も豊富なことなどが考えられます。また、技術的にも大陸・半島の影響を受けて発展してきました。とりわけ16世紀末、豊臣秀吉の朝鮮出兵に出陣した大名たちが朝鮮半島から連れ帰った陶工たちによってさらに発展。江戸時代には諸藩が製陶を保護奨励し、焼き物は幕府・大名へ献上されました。こうしたことから山口県内各地には御用窯が多く開窯されています。これらの流れを汲む焼き物を、山口県埋蔵文化財センター展示室で開催中の山口県立山口博物館サテライト展示「これってなあに? 七つの物語展」で展示しています。この機会にぜひ御覧ください。
山口県立山口博物館 学芸員 荒巻 直大


同じカテゴリー(おもしろ小箱)の記事画像
特別展「どきどき! ドローン・ワールド」を開催します!
純粋じゃないからいいんです!
テーマ展「目撃! 地球史40億年 -岩石が語る地球の歴史-」
今年は有馬喜惣太没後250年
見た目がちがっても中身はいっしょ
VR(仮想現実)技術
同じカテゴリー(おもしろ小箱)の記事
 特別展「どきどき! ドローン・ワールド」を開催します! (2019-07-03 00:00)
 純粋じゃないからいいんです! (2019-06-05 00:00)
 テーマ展「目撃! 地球史40億年 -岩石が語る地球の歴史-」 (2019-05-01 00:00)
 今年は有馬喜惣太没後250年 (2019-04-03 00:00)
 見た目がちがっても中身はいっしょ (2019-03-06 00:00)
 VR(仮想現実)技術 (2019-02-06 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)おもしろ小箱
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。