アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年06月10日

稜線

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 6月6日、坂本昌穂さんによる講演を聴講した。山口法人会(入交知則会長)の主催。
 坂本さんは、南陽工高で野球部監督として故津田恒美投手を指導し、1978(昭和53)年の甲子園に春夏連続で出場。1993(平成5)年と1994(平成6)年には、光高野球部監督として、2年連続夏の甲子園出場に導いた。
 内容は、人材育成について。第一に「何をなすにも一人一人のやる気・意欲がすべてである。意欲は未来への夢や希望と、今を生きる自信から生まれる」と説かれた。
 光高に赴任した当初、「練習時間は1時間半」と生徒たちと約束。自分の方からほごにする訳にもいかず、生徒たちが「やる気」を出して時間延長を言い出すまで、辛抱強く待たれたそうだ。また、具体的な「打倒宇部商」という目標を設定。目標と現状との差をリアルにさせるために、実際に練習試合も組むようにした。すると、最初の年は20点くらい取られていたのが年々接戦になっていき、4年後にはとうとう勝利。そのことが自信になり、甲子園にも出場できたのだという。
 児童・生徒・学生に対してだけでなく、今は若手社会人にもそのような指導・接し方が求められる。「先輩」社員の大多数が、その共通認識を持っていれば、若手は育つと思う。(K)


同じカテゴリー(稜線)の記事
 稜線 (2019-06-28 00:00)
 稜線 (2019-06-21 00:00)
 稜線 (2019-06-14 00:00)
 稜線 (2019-06-07 00:00)
 稜線 (2019-05-31 00:00)
 稜線 (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)稜線
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。